a0002_008688

足がむくみやすい季節

むくみは、体重が増えてしまったようにも見える困ったものです。
体重は変わっていないのに、むくんだ足を見て「太った?」などと聞かれると、
なんだかやりきれない気持ちになるという人も多いでしょう。

むくみの原因は、余分な水分です。
回収されるはずの老廃物が上手く回収されず、体の中に余分な水分が溜まってしまうとむくんでしまうのです
このようなことが起こると、季節を問わず足がむくむのですが、人によっては季節によってむくみやさすが違う場合もあります。

足のむくみと季節は無関係のように見えて、関係があるのです。
ですから、ある季節になると足がむくみやすくなるという人がいても不思議はありません。

夏になると足がむくむ

まず、夏になると足がむくむという人です。
夏に足がむくむ理由として考えられるものは、水分の過剰摂取です。

脱水症状を予防するために、夏に水分を摂ることは大切です。
しかし、過剰に水分を摂ると足がむくむ原因になります。

反対に、水分が足りなくなっても足はむくみます。
余分な水分を外へ出すためには、水分を摂取する必要があります。
水分不足になると、汗や尿が少なくなり、余分な水分が排出されにくくなるのです。

さらに、冷えもむくみの原因になります。
夏に冷えることはないと思うかもしれませんが、夏は冷房を使うため、意外に冷えやすいのです。

体が冷えると、血液が体の隅々まで届かなくなり、老廃物の回収が上手くいかなくなります。
老廃物の回収が上手くいかなくなると、体の中に余分な水分が溜まりますから、足がむくみやすくなります。

冬になると足がむくむ

さきほどもお話しましたが、冷えはむくみの原因になるものです。
冬は気温が低く、体が冷えやすい季節です。
体は冷えると、血管が細くなります。

血管が細くなると血液の流れが悪くなりますから、血行が悪くなります。
すると、上手く老廃物の回収が出来なくなるので、足がむくみやすくなるのです。

また、足は心臓から遠い場所にありますから、むくみやすい場所になります。
冷えによる血行不良は、むくみやすい足がさらにむくみやすくなる原因と言えるでしょう。

足がむくんだときは

もし、足がむくんでしまったら、マッサージで足のむくみを解消しましょう。
マッサージの方法ですが、まず、足首を両手で掴んでください。

両手で掴んだら、足首から足の付け根に向かって両手を滑らせて、一気に上げてください。
足の付け根までマッサージ出来ない場合は、膝下まで両手を滑らせます。
服の上からでかまいませんから、右足と左足を3回ずつくらいマッサージしましょう。