a0003_001873

足、むくんでいませんか?

仕事が終わって帰ろうと思ったら、足がむくんで靴がきつくなっていた。
こんな経験はありませんか?

足は、体の中でもむくみやすい場所です。
ですから、足がむくんで困っているという人もたくさんいます。

しかし、たくさんの人が足のむくみで困っているからと言って、放っておいても良いというものではありません。
「夕方のむくみが次の日になっても消えない」「むくむような原因もないのに、何日も足がむくんでいる」という場合は、
むくみの影に病気が隠れている可能性があります。

なぜ、むくむの?

むくみが起こる理由は、余分な水分が血管の外に溜まるからです。
栄養や酸素を体内の組織に運ぶ役割のある「組織液」は、役目を果たすと血液に戻ります。

しかし、何らかの原因で組織液が戻らないことがあります。
組織液は、水分を含んでいる血液なのですが、この組織液が血管に戻らないと、
組織液が細胞の隙間などに溜まってしまい、むくんでしまいます。

立ち仕事や座り仕事のように、同じ姿勢をとり続ける仕事をしている人は、足の組織液の循環が悪くなりがちです。
循環が悪くなると、細胞の隙間などに組織液が溜まってしまうため、足がむくむことになります。

むくみ続けるとどうなるの?

足がむくんでも、通常は翌日には治まります。
しかし、「足がむくみ続ける」「なかなかむくみが治らない」などの症状が現れた場合、病気が原因で足がむくんでいることがあります。

足のむくみの原因となる病気は、「心臓障害」や「下肢静脈瘤」などです。
どちらも、夕方に足のむくみや疲れが症状として出ることが多い病気です。

一過性のむくみの場合、夕方に足がむくんだり、疲れることがあっても、翌日には治ります。
しかし、むくみや疲れが治らず、症状が続くという場合は「心臓障害」や「下肢静脈瘤」が原因で足がむくんでいる可能性があります。

病気が原因の足のむくみ

心臓障害を起こしていると、ポンプとしての役割を心臓が正常に果たせなくなります。
血液を送る際の圧力が弱くなり、足の血行が悪くなって、足がむくんでしまうことがあるのです。

これは、足が心臓から遠い位置にあるからです。
足のむくみの他に、急いで階段を上った際に息切れや動悸がする場合は、心臓障害を起こしている可能性があります。

下肢静脈瘤も、足のむくみが症状として出ることがあるものです。
下肢静脈瘤は、足の静脈にある逆流を防いでくれる弁に障害が起こり、足に血液がたまりやすくなる病気です。

この病気になると、足の血管がボコボコと膨らみ、足がむくことがあります。
むくみが治らないという場合は、こうした病気になっている可能性がありますから、病院へ行きましょう。