a0002_010503

年齢と足のむくみ

「足がむくんでいる」という言葉を聞いたとき、どのような場面を思い浮かべるでしょうか。
きっと、ほとんどの人は「夕方」や「立ち仕事のあと」などを思い浮かべるのではないかと思います。

確かに、「夕方」や「立ち仕事のあと」は、足がむくみやすいものです。
「夕方になると足がむくむ」「立ち仕事のあとに足がむくむ」という症状に悩まされている人はたくさんいます。
これは、重力によって水分が足にたまってしまうからです。

むくみは、血管の外に余分な水分が溜まることで起こります。
血液やリンパの流れが悪くなると、回収されるはずの水分が上手く回収されず、血管の外に溜まってしまうのです。
この水分が重力によって足に溜まると、足がむくむことになります。

しかし、「夕方」や「立ち仕事のあと」にだけ足がむくむわけではありません。
年齢によっても、足がむくむことがあるのです。
簡単に言うと、高齢になると人は足がむくみやすくなるということです。

高齢者の足がむくむ理由

高齢になると足がむくむ理由は、ふくらはぎの力が弱くなるからです。
実はむくみは、ふくらはぎの筋肉とも関係しているのです。

ふくらはぎの筋肉は、心臓に向かって血液を押し戻すポンプのような働きをしています。
しかし、年齢を重ねていくうちに、ふくらはぎの筋肉の力が弱くなると、心臓まで血液を押し戻すポンプとしての働きも弱くなります。

すると、心臓まで血液が上手く戻らなくなってしまうのです。
こうなると、血液の中にある水分が血管の外側に溜まりやすくなってしまうため、足がむくみやすくなります。

さらに、人は年をとると心臓の機能も低下します。
年をとって高齢者になり、心臓の機能が低下すれば、心臓から遠い位置にある足も影響を受けます。

もともと足は心臓から遠い位置にあるので、血液の流れが悪くなりがちな場所です。
そこに、心臓の機能の低下が加わるわけですから、高齢者と呼ばれる年代になると足がむくみやすくなってしまうのです。

年齢による足のむくみ対策

年齢による足のむくみ対策には、簡単な運動をすると良いでしょう。
さきほどもお話しましたが、ふくらはぎの筋肉が弱くなると、足がむくみやすくなります。
そのため、運動をして筋肉を動かすことが足のむくみ予防や解消に繋がります。

運動は、散歩のような簡単なものでかまいません。
散歩が出来ない場合は、仰向けになって、足を上下に動かすだけでも効果があります。

運動をすることは、血液の流れを良くすることにもなります。
血液には余分な水分を回収する働きもありますから、血液の流れが良くなれば足がむくみにくくなります。